大会愛称

みやぎ総文2017

みやぎ総文2017

大会テーマ

応募点数:1,203点

集え伊達の地に 創造の短冊に思いをのせて

制作者:
宮城県小牛田農林高等学校 3年(平成26年度当時) 鷹橋 涼香さん
制作意図:
七夕飾りは短冊に思いをのせて飾って完成です。伊達政宗公ゆかりの地に集まる全国の高校生が自分の思いを伝え合いながら、大会を良いものにしていって欲しいという願いをこめました。

大会テーマ毛筆表現

縦 応募点数:133点

集え伊達の地に 創造の短冊に思いをのせて

制作者:
聖ウルスラ学院英智高等学校 2年(平成27年度当時)石田 いろはさん
制作意図:
造像記の力強い書風で、高校生のパワフルなエネルギーを表現しました。また、宮城県にたくさんの人が集まって欲しいという強い思いを込めました。

横 応募点数: 112点

集え伊達の地に 創造の短冊に思いをのせて

制作者:
聖ウルスラ学院英智高等学校 2年(平成27年度当時) 宇田川 稚菜さん
制作意図:
参加者一人一人の熱い思い、大会でのびのびと実力を発揮して欲しいという思いを込めて、温雅流美で用筆の明快である隷書体で表現しました。

大会シンボルマーク

大会シンボルマーク

右上の2つの星は「おりひめ」と「ひこぼし」。みやぎ総文に集まる若者たちの輝きやエネルギーを表現しました。

制作:
宮城県高等学校文化連盟 美術・工芸専門部
色:
高文連マークの青<DIC577>